乳酸菌もビフィズス菌も腸内環境を整えるのに必要な働きをする善玉菌です。人間の腸内に生息する善玉菌の99%を占めるのがビフィズス菌であり、その数は、乳酸菌の約1万倍にあたるとも言われています。ビフィズス菌は、Y字やV字の型をした独特の形状をしており、ラテン語で分岐を表すことからその名前が付けられています。

ビフィズス菌は酸素があると生育できないという珍しい嫌気性の性質を有しているため、乳酸菌のように自然界のなかで幅広く生息することができません。ビフィズス菌などの善玉菌は、糖を栄養分としていますが、糖を分解する過程で乳酸を生成します。また、乳酸菌には生成できない強い殺菌力をもつ酢酸やビタミンB群などを生成することも大きな特徴のひとつです。

乳酸菌は、代謝物の50%以上が乳酸であるという特徴があり、腸内細菌全体の1割程度を占めています。乳酸菌は、主にビフィズス菌の働きをサポートする役割を担っており、ビフィズス菌がより活性化され働きやすい環境を整えるのに役立っています

牛乳や乳製品、発酵食品などにも多く含まれており、気軽に摂取できるのも魅力となっています。便秘解消を目的として、ビフィズス菌とともにその働きに着目したドリンクなどを摂取することで、ビフィズス菌、乳酸菌の両方を一緒に摂取することもできます。