便秘の解消に働く善玉菌の代表であるビフィズス菌の特徴とは

ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖について

乳酸菌とビフィズス菌

乳酸菌もビフィズス菌も腸内環境を整えるのに必要な働きをする善玉菌です。人間の腸内に生息する善玉菌の99%を占めるのがビフィズス菌であり、その数は、乳酸菌の約1万倍にあたるとも言われています。ビフィズス菌は、Y字やV字の型をした独特の形状をしており、ラテン語で分岐を表すことからその名前が付けられています。

ビフィズス菌は酸素があると生育できないという珍しい嫌気性の性質を有しているため、乳酸菌のように自然界のなかで幅広く生息することができません。ビフィズス菌などの善玉菌は、糖を栄養分としていますが、糖を分解する過程で乳酸を生成します。また、乳酸菌には生成できない強い殺菌力をもつ酢酸やビタミンB群などを生成することも大きな特徴のひとつです。

乳酸菌は、代謝物の50%以上が乳酸であるという特徴があり、腸内細菌全体の1割程度を占めています。乳酸菌は、主にビフィズス菌の働きをサポートする役割を担っており、ビフィズス菌がより活性化され働きやすい環境を整えるのに役立っています

牛乳や乳製品、発酵食品などにも多く含まれており、気軽に摂取できるのも魅力となっています。便秘解消を目的として、ビフィズス菌とともにその働きに着目したドリンクなどを摂取することで、ビフィズス菌、乳酸菌の両方を一緒に摂取することもできます。


便秘解消に効果のあるビフィズス菌

運動不足や偏った食生活、ストレスや自律神経の乱れなど、便秘の原因にはさまざまなものがあります。大腸や直腸などの臓器に何らかの異常がある器質性便秘の場合は、病院での治療が必要となりますが、女性を中心として日本人の多くが悩んでいる機能性便秘では、自然なお通じを促す腸内環境を整えることが最も大切なことであると言われています。

人間の腸のなかには、何百兆個ともいわれる腸内細菌が生息しており、食べ物を摂取して消化吸収されたあとに、老廃物や有毒物質とともに便として排出するために作用しています。腸内フローラとも言われる腸内環境は、常に一定に保たれているわけではなく、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が勢力争いを繰り返しています。

善玉菌が優位な状態では、酢酸や乳酸菌が生成されるとともに腸内が弱酸性に保たれることもあって、スムーズな便通が訪れます。一方、悪玉菌に支配されると腐敗物が多く生成されるとともに、発がん性物質を含んだ便が長い間腸に留まることで、健康を害する原因になることがあります。また、タンパク質やアミノ酸の分解が活性されることで有毒物質や有害ガスが発生し、そのことが腸のぜん動運動を妨げて便秘の原因となるのです。

便秘は、腹痛やお腹のハリだけでなく、肌荒れや吹き出物、口臭や体臭の原因になるため、女性の大敵と言えるでしょう。便秘の解消には、腸内環境を善玉菌優位の状態にすることが不可欠であり、善玉菌の代表格である乳酸菌やビフィズス菌を増殖させて働きを活性化する必要があります。